京都嵯峨野 小倉大納言

歌舞伎「廓文章」に因み、生八ッ橋を編笠模様に仕立て、その中に京都・小倉の里が発祥の小倉大納言を包み込みました。名妓「夕霧」を偲ぶ銘菓は、大切な方へのご進物に最適です。

小倉あん発祥の由来Legend

日本で初めて小豆と餡が炊かれたのは、平安京ができて間もなくの八二〇年頃のことであります。 当時、この辺り小倉の里(京都 嵯峨・小倉山麓)に和三郎という人がいて、八〇九年に空海が中国から持ち帰った小豆の種子を栽培し、それに御所から下賜された砂糖を加え、煮詰めて餡を作り、これを毎年御所に献上しました。この和三郎の努力で洛西を中心に小豆が広く栽培され、江戸時代には茶道の菓子となり、又一方では祝飯として、ハレの料理にも加えられるようになりました。和三郎は承和七年二月二日(八四〇年)になくなりましたが、その子孫並びに諸国同業者の人々がその功績をたたえて、小倉中字愛宕「ダイショウ」の里に一社を建て、朝廷の允許を得て、屋号が亀屋和泉でありましたので、和泉明神としてまつられるようになりました。

京の小豆「小倉大納言」Brand

 井筒八ッ橋本舗では、原点である小豆で最高の餡を作りたいと、小倉あん発祥の地である嵯峨の小倉山ふもとにもどし、小倉大納言を現代に蘇らせました。 発祥の地である小倉の風土で栽培した小豆は大粒で、皮が柔らかく、味や香りが濃いのが特徴で、今までにない風味豊かな小豆でございます。

  • 二尊院 小倉茶店 四季庵 詳細はこちら

▲ このページの先頭へ